『パートナーとは鏡である』

 

あなたはきっと、この言葉をどこかで聞いたことが、これまであるかと思います。

 

それほどに、『パートナー』=『鏡』という考え方は、一般的になっています。

 

ですが、その本当の意味を、知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

それは鏡、だから……

 

重要なのは、そこに映りこむあなた自身です。

 

鏡を変えても、映るあなたは変わりません。

 

どう頑張っても、それはせいぜい、フレームが変わるだけでしかないのです。

 

大切なのは、鏡に映るあなた自身。

 

あなたがあなたを愛することが、もっとも大切なのです。

 

それは鏡、だから……

 

ひとつの鏡を、大切にするのは素敵なことです。

 

反対に、ひとつの鏡に固執する必要もありません。

 

変えたくなったら、変えても良いのです。

 

ただ、その理由が、『映りこむ自分』を変えたいというケースは、うまくいきません。

 

鏡を変えても、『映りこむ自分』は変わらないからです。

 

それは鏡、だから……

 

大切なのは、『映りこむ自分』を愛すること。

 

あなた自身を、愛してください。

 

鏡を、愛するのではありません。

 

鏡に映りこむ、あなたを愛するのです。

 

あなたを、愛すること。

 

 

あなたが、あなた自身を、好きになること。

 

 

それはある意味で、長い時間を必要とするかもしれません。

 

 

それでも、最終的には。

鏡に映るあなたを、あなたが愛するしかないのです。

 

 

パートナーは、鏡、だから。

 

 

どんなに鏡を変えても、あなたはあなたです。

 

 

あなた自身を、愛してください。

 

 

もしも鏡に映るものを『美しい』と思うのであれば、、、

 

 

それは、あなた自身が、

 

『美しい』

 

ということなのです。

 

 

今井翔